役割分担

 私たちのしごと内容はなんとなくイメージできたでしょうか?

 

では、実際にどのように業務が行われているかご説明します。

 

まず、

税務会計業務はFUNS税理士法人で行い。

専門的なコンサルティング等のサービスは株式会社FUNSで展開しています。

さらに、FUNS司法書士事務所FUNS社会保険労務士事務所を併設し、

専門家ネットワークによりお客様をサポートしています。 

FUNS税理士法人では、

現在、税務会計業務を3つのセグメントで分業体制で行っています。

 

①アカウンティング部(AC部)

・経理資料の整理

・データ入力

・データ処理

※今後は、RPAやシステム開発などの業務も担っていきます。

 

②タックス部

・会計データ監査

・月次決算、年次決算、各種申告書等の作成

・コンサルティング部のサポート業務

・クライアントへの連絡、経理資料の回収、不明事項の確認

・難解案件や特殊税務への対応

今後は、定期面談や税務相談、システム開発などの業務も担っていきます。

 

③コンサル部

・定期面談、打合せ、相談対応

・顧客管理(期限、売上・工数など)

・申告書等作成、チェック

・経営資料(経営に役立つ資料)の作成

今後は、各種コンサルティングサービスの立案・開発・提供を担っていきます。

 

その他に、

総務・人事部では、スタッフが心地よく働くための管理業務を行い、

提携のOB税理士による税務品質チェック体制も整えられています。

社内プロジェクトでは、チームメンバーが横断的に選抜されて活躍しています。

 

株式会社FUNSの役割は、新しい時代に合った、新しい仕事を創り出すことです。

 

税理士法人ができる業務は「税務・会計だけ」と法律で決められています。

しかし、税務会計という仕事の価値は、これから社会のデジタル化に伴い確実に下がっていきます。

いわゆる「将来なくなる仕事」の代表格だと言われています。

 

そこで、株式会社FUNSでは、

グループのメンバーが将来も安心して楽しく仕事ができるように、新しい仕事を創っています。

その活動範囲に制限を設けていません。

私たちの理念「SMILE Support. We are SMILE」に即していれば、どんな挑戦もしていきます。 

 


NEXT➡キャリアルートへ